NEWS

Jリーグのトライアウト

2012.12.12

12月11日(火)に千葉県千葉市中央区にあるフクダ電子アリーナで、2012年シーズンでJリーグチームを退団して、2013年シーズンの契約がない選手を対象としたトライアウトを見に行く機会をいただきました。

Yahooニュースでも元日本代表三都主アレサンドロ選手が参加していることがニュースになっていますね。

このトライアウトに参加した選手はJ1チーム所属選手12名、J2チーム所属選手72名の総勢84名でした。

このトライアウトに参加した選手の平均年齢は26.8歳です。

18才でプロ契約した選手の数は39名で、その選手たちの平均プレー年数は8.7年
大学及び専門学校を卒業して、プロ契約した45名の選手の平均プレー年数は5.0年

プロ契約期間が3年以下の選手は27名で、トライアウトを受けた選手の3人に1人(1/3)は、プロとして1-3年間しか契約することができなかったということです。

勿論、すべての退団する選手がトライアウトを受けているわけではありませんから、このデータポイントが正確というわけではありません。ひとつの目安として頭の隅においておいていただければと思います。

また、年齢についてもう少し考察すると、トライアウトを受けた選手全員を100%とすると

20-24才:33%
25-29才:36%
30-34才:25%
35-37才:6%

で、20代でトライアウトを受ける選手が全体の約70%を占めているということですね。

ちなみにポジション別では、

FW 21%
MF 34%
DF 33%
GK 12%

でした。

プロ選手を目指す皆様は、Jリーグのこういった側面も頭に入れておいていただきたいと思います。

興味のあるかたはこちらの記事も参照ください。