NEWS

初日のトレーニングを終えて

2012.12.26

イニアッキ監督とビクトル監督と夜、食事をしながら初日のトレーニングを終えての感想を聞きました。

相変わらず、日本の子供たちのスキルレベルの高さには驚いているとのことでした。いつもの質問になりますが、では、スペインの子供たちとの違いですが、

‐ プレーをする上での意思疎通努力が足りない(声が出ていない)
‐ もっと激しく競争するべき

でした。

「満員電車に乗っているサラリーマンが無言で、黙って整列して、黙って電車に乗り、黙って電車を降りていくみたいにサッカーしている。サッカーでは、秩序も大切な要素だけど、それ以上に、自由に指示をだしあってゴールを狙い、守ることが重要」

とのことでした。ただ単にスペースにボールを機械的に放り込むのではなく、相手の選手が受けやすいタイミングで、ほしい場所への丁寧なパス(決して遅いパスという意味ではありません)をだす。そのためには、お互いに声を出して意思疎通をすることが重要。

2日以降も、そういった点に重点がおかれて、トレーニングがすすめられると思います。