NEWS

レアル・マドリード専用練習場の紹介

2013.01.28

レアル・マドリード専用練習場「バルデビバ」の入口を入ると受付があって、同時にここから先は選手及びクラブ関係者以外は立ち入り禁止エリアとなります。

そして、2階には、カンテラの選手や監督、コーチ達が自由に食事をとってリラックスするカフェがあります。ここのテラスからは、ピッチが見渡せて、監督とコーチが練習をみながらサッカーの戦術について話し合っている姿がよく見受けられます。

 

建物から一歩外に出ると、そこには緩やかな坂道が、入口に近い低い場所に位置するカンテラの子供たちが使用するピッチから一番高い場所に位置するトップチームが使用するピッチまでを繋げています。これが、トップ選手に上り詰めるための道になるのです。

 

選手のみなさんと共に、4月のはじめてにこの場所でチャレンジキャンプを開催して、世界のトップチームとはどういう環境でどういう練習をして、どういうパフォーマンスを求められるかを = 「サッカー選手としてのゴール」 を明確にイメージしてもらって、これからのサッカー人生の目標にしてもらいたいと思います。